抜け毛・薄毛119番:はげ対策本部

抜け毛や薄毛にお悩みの方へ送る、はげ対策情報をお届けします。

かさぶたができるほどかゆい頭皮湿疹の原因:果たしてシャンプーや市販薬で治療できるのか?

      2016/11/23

かさぶたができるほどかゆい頭皮湿疹の原因:果たしてシャンプーや市販薬で治療できるのか?

なんだか最近頭がかゆい、、、ちゃんとシャンプーで洗ってるのにフケが多くなった。。。

こんな悩みを抱えている方は頭皮湿疹になっているかもしれません。

頭皮湿疹は髪の毛のトラブルの中でも多くの方が悩んでいる症状です。また、慢性化しやすくなかなか治らない。症状が治まったりひどくなったりを繰り返してる方もいるようです。

頭皮湿疹の原因は一体何なのでしょうか?

また、頭皮湿疹は市販薬で治せるのかどうか?有効なシャンプーの選び方についても書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

1、頭皮湿疹は複数の原因が絡み合っていることが多い

頭皮湿疹になる原因は様々です。食生活、睡眠不足、ストレス、環境の変化、、、いろんな要素が複雑に重なり合っているため1つの治療法では治りにくいこともあります。また、症状が治まったりひどくなったりを繰り返してしまいがちです。

症状として一番悩ましいのはかゆみが酷くなることです。

かゆくてかゆくて耐えられないというほどのかゆみが起こることがあります。中にはかさぶたができるまで爪でかきむしってしまう方もいるほどです。

また、赤い湿疹ができたり、フケが多くなります。見た目にも目立つようになると恥ずかしいと思ってしまったり、外出したくないという外見的な悩みになることもあります。

 

2、身体にいる常在菌のバランスが崩れている可能性も

頭皮環境の悪化は皮膚に存在している常在菌のバランスが崩れていることが原因の1つになることもあります。人間の身体にはとても多くの菌が存在しています。それらの菌が互いに共存し合っている環境こそ健康な人の身体に必要な要素なのです。

しかし、食生活の変化、 間違った頭皮ケアは常在菌のバランスを崩してしまいます。そのため病原菌が侵入しやすく、過剰に繁殖してしまう原因になるのです。

特に頭皮の脂や頭皮の垢をもとに雑菌が繁殖します。これによって皮膚炎を起こしやすくなるようです。雑菌の繁殖を防ぐには正しい頭皮ケアをする必要があります。

 

3、市販薬に頼るか?それとも皮膚科を受診するか?の判断

頭皮湿疹は治すのに数ヶ月かかることも稀ではありません。それは皮膚の細胞が真皮から再生されるにはとても時間がかかるからです。

そのため症状に気付いたら早めに皮膚科を受診されることをおすすめします。皮膚の病気は原因が特定しづらく、慢性化するとなかなか治らなくなってしまいます。そうなる前にしっかり治療し始めることが頭皮湿疹の悪化を防ぎ、かゆみを抑えることになります。

頭皮の病気に限ったことではありませんが、医療機関を受診するのは医師との信頼関係も必要です。なかなか治らないし、本当にこの医者に任せて大丈夫なのだろうか?という不安を抱えたまま通うのも辛いですよね。

自分の症状を的確に判断してくれる、悩みを理解して積極的に治療方法を提案してくれる医師にかかることも大切です。

 

4、どうしても医者にはかかりたくないという場合

でもなかなか皮膚科に行く時間がない、、、どうしても医者にかかりたくない。。。

そんな時はロート製薬から頭皮湿疹のセルフケア薬品「メンソレータム メディクイックH」 を使って様子を見てみてはいかがでしょうか。

「メンソレータム メディクイックH」は炎症や赤み・かゆみを抑え、患部を殺菌する医薬品です。炎症に効くアンテドラックステロイドとかゆみ止め成分、患部を殺菌する薬剤などを配合しています。

また、毛髪が密集している頭皮は、軟膏やクリームが塗りにくい箇所です。「メディクイックH」はリキッドスプレータイプなので、手を汚さず、頭皮に直接塗布することができます。

それでも病気の自己判断には限界があるのも事実です。止む終えない事情がある場合を除いては、早めに皮膚科を受診することをおすすめしています。

 

5、シャンプーは低刺激性のものを使う

頭皮湿疹になった場合、かゆみや痛みがひどくなることもありますができるだけ触らないようにしましょう。特に爪を立ててかきむしると患部を痛めるだけでなく、雑菌が入って余計な炎症を引き起こしてしまいます。

我慢できなくなるほどのかゆみがある場合は絶対に自己判断せずに、早めに皮膚科を受診してください。界面活性剤による洗浄力が強いシャンプーも使用しないほうがいいかと思います。

大手の安いシャンプーは界面活性剤の洗浄力が強力で肌に刺激が強いものが多いです。高価でなくてもよいのでなるべく添加物の少ない低刺激シャンプーを選ぶようにしましょう。

安価で使い勝手のよいシャンプーは強力な界面活性剤を使用していることがあります。強い洗浄力があるためさっぱりした使用感、泡立ちがよく使いやすさが得られます。その反面、敏感肌や刺激に弱い肌質の方が使用すると洗浄力が強すぎるため荒れてしまう可能性も否めません。

頭皮湿疹が慢性化すると抜け毛が多くなります。朝起きると枕に抜け毛が多くなっている。お風呂でシャンプーする際に抜け毛が明らかに増えた。これらの症状を伴い、かつ頭皮にかゆみ、ふけが多くなった場合は頭皮湿疹の可能性があります。早めに皮膚科を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

頭皮湿疹による抜け毛は早めに治療することによって治すことができます。恥ずかしがったり自己診断して間違った治療をすると返って症状を悪化させる危険性があります。

頭皮湿疹によってフケが増えることがあります。頭皮の炎症により皮膚の再生がうまく機能しなくなっていることが原因のようです。かきむしったりすると余計にフケが多くなりますし、患部を傷つけてしまいます。

その場合は決して不衛生にしているとか、汚いということはありません。周りからそのように思われるのは心外ですよね。正しい頭皮ケアを生活習慣の見直しをすることで頭皮湿疹を治療することも可能です。

 

6、自分でできる最大の治療は生活習慣を変えること

すべてに共通して言えることは頭皮環境を悪化させる原因を突き詰めることが大切だと思います。特定の原因だけでなく、総合的な頭皮ケアが頭皮湿疹の改善、再発を防止できます。

まずは基本的な免疫と再生能力を高めるために、食生活、睡眠、頭皮ケアを心がけましょう。

食生活は皮脂の可能分泌を防ぐために脂っこい食べ物を摂りすぎないようにしましょう。脂性の人ほどこってりと脂の多い食べ物を好む傾向にあります。少しずつ食べる頻度を控え、代わりにタンパク質の多い食品を摂るようにします。

特に豆腐や納豆などの大豆製品は高タンパクで脂質も低いのでおすすめです。

睡眠はしっかり取るようにしましょう。現代人はあまりにも寝ていない人が多いです。体内のバランス、細胞の再生などは睡眠のときに最も効率よく行われています。

さらにストレスなどの緩和、頭をすっきり働かせるためにも睡眠は重要です。基本的には7時間前後とるようにしましょう。最低でも6時間、土日などの休みはできれば8時間とるようにするとベストです。

プロに聞いた!抜け毛をふせぐための頭皮のケア方法

 

まとめ

シャンプーや治療薬に頼るのも頭皮湿疹を治す有効な手段ですが、自分の免疫力を高めることは何より大切なことだと思います。健康に過ごすためには身体の免疫から強くなりましょう。地道な生活習慣の改善が快適な日々を過ごす基礎になるはずです。

頭皮湿疹の辛さは他の人にはなかなか理解され難いこともあるかと思います。一人で悩まずに医師と相談して、生活習慣の見直しをしながら少しずつ治療していただけたら幸いです。

 - 薄毛の原因 , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無添加育毛剤イクオス

  関連記事

女性の薄毛や抜け毛の原因と対策

抜け毛は男性だけの悩みではありません。女性の方も薄毛や抜け毛にお悩みの方は多いで …

男性ホルモンを抑制することによってはげや薄毛を防ぐ方法とは

男性ホルモンは男性型脱毛症の主な原因とされています。ホルモンは身体を作るために必 …

はげに関する誤解と迷信:これってうそ・本当!?

今回ははげに関する迷信、ウソ・ホントな情報を集めてみました。 意外と誤解していた …

おでこが広いのか額から禿げているのか:生え際の後退をチェックする方法

最近生え際が気になってきた、、、 なんだか他の人よりもおでこが広い気がする。。。 …

no image
抜け毛の8つの原因と対策:生活習慣を見直して薄毛予防をしよう

抜け毛は一度気になりだすと一人で悩んでしまいがちですよね。 なかなか人には言い出 …

脂漏性皮膚炎による抜け毛を完治させる治療法:症状と原因をしっかり調べる

最近になっていきなりフケが増えた、、、頭皮が赤くなってかゆくてたまらない! この …

平均的なおでこの広さはどれぐらい?自分がはげかどうかを知るために

自分のおでこって他の人と比べて広いんだろうか、、、 ふと鏡を見た時に自分のおでこ …

no image
なぜはげるのか?:抜け毛・薄毛の5つの原因

髪の毛は抜けてもまた生えてくるのが正常な頭髪です。 そして、そのサイクルは大体3 …

頭頂部からの薄毛を改善する方法:はげの原因と対策

最近頭頂部が薄くなってきてる気がする、、、 頭の薄毛が目立ってきてるんだけとどう …

つむじのはげ・薄毛が気になる方へ:原因と対策、改善法

脱毛症の多くの方がつむじのはげ・薄毛に悩んでいます。男性の場合、つむじからはげや …