抜け毛・薄毛119番:はげ対策本部

抜け毛や薄毛にお悩みの方へ送る、はげ対策情報をお届けします。

食事で育毛をするためには:髪の毛にいい食べ物と食べ方について

      2016/11/23

食事で育毛をするためには:髪の毛にいい食べ物と食べ方について育毛と食事には深い関係があります。質の高い食べものによって髪の毛を育てることもできます。逆に、髪の毛に悪い食べ物ばかり摂っていると薄毛や脱毛が進行します。日々の何気ない食事は積み重なれば大きな影響を及ぼす可能性があります。髪の毛にいい食事や食べ方を知って、健康な毛髪を手に入れましょう。

スポンサードリンク

 食事で育毛をするためには:髪の毛にいい食べ物と食べ方について

1、髪の毛も栄養を必要としている

髪の毛は毛乳頭という細胞から栄養を吸収しています。その栄養がどこから来るのかというと、基本的に食事からしか供給されませんよね。それ故に日々食べる食事は体調だけでなく、髪の毛にも非常に大切になるわけです。なにしろ毎日の事ですからすぐには気付かないかもしれません。

栄養価の高い食事を摂る必要がある理由として、髪の毛への栄養は優先されないことが挙げられます。なぜなら髪の毛自体は生命を維持するのに必要のない器官だからです。内蔵など生命維持に必要な器官に栄養が行き届いていて、初めて髪の毛にも栄養が運ばれてくるわけです。

そして、毎日の積み重ねは年月が経つほど大きな効果を生み出します。髪の毛にいい食べ物を摂取していれば+1の効果が一年で+365、10年経てば+3650もの進歩になります。しかし、髪の毛に悪い食事をしていれば−1、一年で−365、10年経てば−3650にもなります。コツコツ積み重ねた人との差は歴然になるでしょう。

もちろん体の仕組みは単純に計算できるものではありません。しかし、目には見えない毎日の積み重ねが大切だということをイメージしていただければ幸いです。

また、育毛剤などで血行を促進しても髪の毛が直接作られるわけではありません。栄養という髪の毛を作る部品があってこそ、育毛剤によって血行が促進され髪の毛が生えるスピードが上がります。育毛剤のみに頼るのではなく、自分自身の再生能力を高めることが育毛への近道だと言えます。

 

2、髪の毛に必要な栄養素とは

髪の毛にはタンパク質、ビタミン、ミネラル等の栄養が必要です。具体的にはタンパク質と亜鉛、ビタミンB類、ビタミンA,C,Eを適正量摂ることが髪の毛に必要な栄養を与えることができます。

タンパク質は味噌、豆腐、納豆など大豆製品をメインに摂りましょう。肉は基本的に脂質が多い・消化が良くない・日本人の食生活に合っていないなどの理由から食べ過ぎには注意が必要です。できるだけ大豆製品を食べるようにして心がけます。お肉は食べたいと思った時だけ食べるようにしましょう。

ビタミンやミネラルは野菜、果物、魚介類を食べるようにしましょう。緑黄色野菜、根菜類をバランス良く食べることです。特に旬の野菜や魚介類は価格が安いうえに栄養価も高くなっています。

要するに、和食を中心にした食生活を心がけることが一番体にあった食事ができるかと思います。季節に合わせたメニューが作りやすいことも日本食の魅力の1つです。

しかし、現代人はビタミンとミネラルが特に不足しがちです。忙しかったりしてついつい食事がおろそかになることもあると思います。そんな時にはビタミンとミネラルをサプリメントで補うのも1つの手段です。そうは言ってもサプリメントを使うときは頼りすぎないように注意しましょう。サプリメントで補える栄養はほんの一部であり、食材が持っているビタミンとミネラル、その他酵素等の種類には到底及びません。メインは食材、最近きちんと食事できてないかもと思ったときだけサプリで補う方法を選びましょう。

頭皮にいい食事は健康や肌にもいいのでぜひとも積極的に取り入れたい栄養素です。

逆に体に悪い食べものもあります。外食中心、コンビニ弁当ばかりは絶対に止めましょう。化学調味料や食品添加物がいっぱいの加工食品も控えたほうがいいです。特に防腐剤などは体内に蓄積したり、腸内細菌のバランスを崩す原因になります。

他にも・好きなものばかり食べてしまう・油っこいものが大好き・甘い物が好きでよく食べる・肉ばかりを食べている・野菜をほとんど食べない・ジャンクフードが好きでよく食べる

これらの食生活は体内を酸化させたり、血液をドロドロにしてしまうなど悪影響を及ぼすことが多いです。たまに食べるだけならいいのですが、常習化しないように十分注意しましょう。

 

3、食事の仕方も大切な要素

食事は育毛の基礎になることを説明しました。だからと言って、なんでもかんでも食べればいいのかというとそうはいきません。薬も過ぎれば毒となるように、過剰なエネルギーは生命力を歪めます。肥満や生活習慣病のほとんどは過剰なカロリー摂取や栄養過多による歪みが原因だと考えられています。何事もほどほど、バランスが大切です。

では、脱毛・薄毛119番でのおすすめの食生活を紹介します。守るべきことは以下の6点です。

・一日二食・よく噛む・腹八分にする・野菜と米や魚を中心にして肉食は極力控える・お腹が空いてから食べる・間食はしない

これらの方法がカロリーや脂質の摂り過ぎを防ぎ、バランスの良い栄養を摂れるようになっています。食べ過ぎることがないため自然に痩せるし、健康維持にも大いに役立ちます。これらのことを特に意識せずに守ってきたのが古来の日本の食生活だと思います。

食べ過ぎないことと空腹になってから食べることも大切な要素です。なぜなら飢餓にならない程度の空腹状態になるときに、細胞活性化が起こり体の修復作用が働くと考えられているからです。髪の毛にもほど良い刺激を与え、毛乳頭を活性化させることができます。

プロに聞いた!抜け毛をふせぐための頭皮のケア方法

 

まとめ

近年、薄毛は男性だけでなく女性や若い人にも悩む方が増えています。それは現代のライフスタイルにどこかしらの無理を抱えているからではないでしょうか。運動不足、食事、ストレス等、髪の毛にとって厳しい環境にさらされています。できるだけそれを軽減する工夫が必要です。

特に食事について現代人は日本食から欧米型の食事へと変化しています。その食の変化がカロリー過多と脂質の摂り過ぎをもたらしてしまいました。頭皮も肌の一部です。栄養が足りずにカサカサの乾燥肌になったり、脂質の摂り過ぎでギトギトのオイリーな肌にならないように気をつけましょう。健康な肌に食事や睡眠が必要なように、頭皮にも質の高い食事や睡眠が大切なのです。

これらのことが分かっていてもなかなかできない方は野菜ジュースから始めるのもありですが。。。厳しいことを言いますと、生活習慣を変えられないならその程度の悩みだったのかもしれません。分かっていても変えられない。それは本当に心の底から分かっていない、変わりたいと思っていない証明にもなってしまうのです。

本気で変わりたい、でも心がついていかない。最初は誰だってそうだと思います。そんなに簡単に生活習慣が変わるなら、生活習慣病なんてものは存在しませんよね。なかなか変われないけど少しずつ挑戦してみる。10回のチャレンジのうち1回だけでも、なんなら100回のチャレンジのうち1回でも進歩があれば良しとすべきではないでしょうか。

自分のペースで少しずつやれる努力をすればいいんだと思います。その積み重ねが最終的には大きな変化をもたらします。その小さいな一歩を応援できるのであれば幸いです。脱毛・薄毛119番はこれからも皆様の役に立つ情報を発信していきたいと思います。

 - 抜け毛の予防 , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無添加育毛剤イクオス

  関連記事

プロに聞いた!抜け毛をふせぐための頭皮のケア方法

「ちょっと頭が薄くなってきてるんだけど、抜け毛をふせぐにはどうしたらいいの?」 …

BUBKA(ブブカ)スカルプケアシャンプーのレビュー

育毛剤で有名なBUBKAから頭皮ケアのためのシャンプーが発売されました。 BUB …

no image
お湯だけで頭を洗う「お湯シャンプー」:はげやふけに対する効果を調べてみました

貴方は「お湯シャンプー」というヘアケア方法をご存知でしょうか? その名の通りお湯 …

年齢別若ハゲの6つの原因と対策方法

若ハゲってどれくらいの年齢からなるんだろう、、、 まだ若いのに頭の地肌が透けて見 …

睡眠不足が抜け毛・薄毛を進行させる:良質な睡眠ではげを回復させる方法

最近寝不足で抜け毛が多くなってきた、、、なかなか寝付けなくて身体が疲れてるし、髪 …

no image
抜け毛の8つの原因と対策:生活習慣を見直して薄毛予防をしよう

抜け毛は一度気になりだすと一人で悩んでしまいがちですよね。 なかなか人には言い出 …

はげる前兆と前触れが分かる症状と薄毛になる前に行う予防と対策法

最近抜け毛が多くなった気がする。なんとなく髪質が変化した気がするんだけどこれって …