抜け毛・薄毛119番:はげ対策本部

抜け毛や薄毛にお悩みの方へ送る、はげ対策情報をお届けします。

はげる前兆と前触れが分かる症状と薄毛になる前に行う予防と対策法

      2016/11/23

はげる前兆と前触れが分かる症状と薄毛になる前に行う予防と対策法

最近抜け毛が多くなった気がする。なんとなく髪質が変化した気がするんだけどこれってはげる前兆なの?

このような自分の髪の毛の変化に気付いたら早めの対策をしましょう。はげていると自覚できる頃にはかなり薄毛が進行している状態になってしまいます。ハゲは突然なるものではなく、徐々に進行していきます。はげる前兆と前触れにどのような症状があるのか見てみましょう。また、それらを未然に防ぐための対策法を述べたいと思います。

スポンサードリンク

はげる前兆と前触れが分かる症状と薄毛になる前に行う予防と対策法

1、はげる前兆は髪の毛の変化にある

はげる前触れとして髪質の変化が見られます。もともとの太さが変化していたら要注意です。固い毛が柔らかくなっていたり、太い毛が細くなっていたりすると髪の毛が弱っているといえます。

もともと柔らかい毛質や細い髪の毛の人ははげが進行しているわけではありませんが、頭皮が見えやすく禿げているように見えてしまうことがあります。そういった場合でも育毛をしっかりして髪の毛に張りとコシをもたせてボリュームアップができます。

自分の髪の毛が変化しているかどうかは毎日抜けた髪の毛をチェックしたり、以前はどんな髪型、ヘアスタイルをしていたのか思い出してみましょう。

健全な毛根はしっかりと膨らんでいるのが見て分かります。あたかもマッチ棒のようにぽこっとしているのが見て取れるくらいです。しかし、弱っている髪の毛では毛根が小さくなっていて抜けやすくなっています。

これは頭皮にしっかりと栄養が行き届いていないことが原因と考えられます。髪の毛は毛乳頭という末端の細胞から栄養を取り込みます。この毛乳頭が血液から栄養を受け取るわけです。しかし、血行不良になっていると栄養が届きにくく、毛乳頭自身も弱々しいものになってしまいます。

例えて言うならば、植物の根っこの部分と同じような役割をしています。どんなに立派な植物でも根っこがしっかりとしていなければたちまち枯れてしまうのと同じです。

毛乳頭を健康に保つには毛穴をしっかり洗うことと、栄養を十分に届けるために血行を良くする頭皮マッサージや育毛剤、バランスの良い食事が大切です。

 

頭皮から皮脂が過剰に分泌されていると炎症を起こしやすくなります。特に夏場の汗をかきやすいときや、冬の乾燥している状態になると皮脂の分泌が多くなるようです。その場合は水洗いでもいいですので、こまめに髪の毛を洗うなどの手入れをして応急処置をしましょう。

また、シャンプーを使いすぎて皮脂をとりすぎるのもよくありません。かえって皮脂が過剰に分泌されてり、シャンプーの添加物で炎症を招く原因になってしまいます。

皮膚も含めた頭皮は水分と油分の適度なバランスによって正常に保たれています。シャンプーをしすぎてもいけないし、フケが溜まるくらい不衛生にしていてもいけません。一日一回のシャンプーを目安として、季節に応じて頭皮を清潔に保ちましょう。

フケがやたらと多くなっていたら頭皮に異常がある可能性があります。フケというのは古くなった頭皮や皮脂が固まったものが新陳代謝により剥がれてくる垢のようなものです。

しかし、頭皮が乾燥していたり雑菌が繁殖していると余計にフケが出やすくなります。また、かゆみや痛み・湿疹等がある場合は皮膚病の可能性もありますので皮膚科で受診されることをおすすめします。

 

頭皮の固さの変化にも注意が必要です。頭皮が固くなると血行不良を起こしやすくなります。それによって髪の毛まで栄養が届きにくくなってしまいます。頭皮が固い人ほど細く張りのない髪の毛になる傾向にあります。頭皮が固いかどうかを確かめるためには5本の指で頭皮をつかんでチェックしてみてください。頭皮をもむようにつかんでぐにゃぐにゃと動かせるのであれば柔らかい頭皮になっています。反対にもんでみてもほとんど動かない、あるいは全く動かないのであれば頭皮が固くなっている可能性があります。基本的にはマッサージでよくほぐすことが大切です。それと同時に育毛剤をしようするとより効果的に頭皮の健康が保てるようになると思います。

 

抜け毛の本数に変化がないか確かめてみましょう。抜け毛は季節によって変化しますが、一日約100本前後は抜けるとされています。また、季節の変わり目には(特に秋から冬にかけて)200本前後抜けることもあるとされています。

多いようにも思いますが、髪の毛は毎日の新陳代謝によって絶えず生えては抜けてを繰り返しているようです。抜け毛の本数を確かめるには排水溝にティッシュ(キッチンペーパーならなお良し)を濡らして穴を塞ぎます。それからシャンプーをすると排水溝に何本の髪の毛があるのか確かめることができると思います。これをやるときはちょっと恥ずかしい気もしますが、背に腹は変えられません。ぜひ一度確認してみてください。

抜けた髪の毛の状態もチェックしてみましょう。産毛のように弱々しい髪の毛がたくさん目立つようであれば抜け毛が進行しているかもしれません。健康な頭皮環境では成長しきった髪の毛が自然に抜け落ちます。成長段階を終えた髪の毛が休止期間に入って抜けるため、比較的太くてしっかりとした髪の毛であるはずです。

しかし、脱毛症が進行している場合は産毛のような細くて柔らかい毛も一緒に抜けていきます。これは成長期に達する前段階の生え始めですでに抜けるからです。通常の抜け毛に加えて、産毛のような髪の毛がたくさん抜けていないかチェックしてみましょう。

 

2、はげを食い止めるためには食事・ヘアケア・頭皮マッサージが基本になる

まずは自分でできる予防法として食事の改善、正しいシャンプーの仕方、頭皮マッサージから始めてみましょう。

食事の改善は脂っこいものや高カロリーの食品を控え、野菜や豆類を多く摂るようにしましょう。ビタミンやミネラルが発毛のサイクルを正常化し、栄養を行き届いたものにすることが大切です。

シャンプーを正しい状態で行いましょう。特に重要なのはすすぎと乾燥です。シャンプーは髪の毛を洗うだけでなく、毛穴の汚れをしっかり取り除くようにもみ洗いしましょう。毛穴の詰まりを取り除くことによって髪の毛は正常に成長することができます。

この後お湯ですすぎ洗いをするのですが、シャンプーで洗うのにかけた倍の時間をかけてしっかりとすすぐことです。シャンプー剤が残っていると頭皮に炎症を起こす可能性があります。また、お湯で頭皮を丁寧に洗い流すことは血行促進効果もあります。

髪の毛を乾燥させる時はドライヤーを近くに当てすぎないように注意してください。また、しっかりと髪の毛を乾かして寝るようにしましょう。髪の毛が濡れたまま寝るのは厳禁です。枕と頭皮の間が蒸れてしまい雑菌が繁殖しやすくなります。丁寧なすすぎと乾燥を心がけましょう。

 

頭皮マッサージは今すぐ始められる最も手軽な抜け毛・薄毛対策として効果があります。これよって血流を改善し、髪の毛に栄養が届きやすくなります。頭皮に心地よい刺激を与えることは髪細胞を活性化させる効果もあるようです。

特に前述したように頭皮が固くなっている方ほどおすすめの方法です。指の腹の部分を使ってもみ込むようにマッサージしてください。その際爪を立てないように注意しましょう。力加減は気持ちいいと感じる程度で十分です。空いた時間など思いついたときに2、3分マッサージしてみましょう。

急激な変化は得られませんが、徐々にしっかりとコシのある髪の毛になっていきます。頭皮マッサージはコツコツと取り組めて、なおかつお金のかからない効果的な抜け毛予防対策です。

他にも十分な睡眠、適度な運動、ストレスを溜めないことも抜け毛対策として具体的な行動ができると思います。

 

3、もっとしっかり対策を立てたい人には睡眠・運動・ストレス予防で効果を倍増させる

睡眠は身体の再生にとても大切な役目を果たしています。人は活動しているときにいろんな部位を活動させ消耗しています。そして、睡眠時に最も再生能力が高まっているのです。

それは髪の毛も例外ではありません。しっかりと睡眠を取れば身体の再生能力が高まり、新しい髪の毛が生える循環も改善していきます。睡眠時間は個人差がありますが、平均して7時間前後が最も健康に良い睡眠時間だとされています。

また、寝るときの環境も睡眠の質に作用します。寝る前にはなるべくパソコン、スマホ、テレビを見すぎないように注意しましょう。人は目から入る光の量に敏感です。画面から発する光が寝るための睡眠導入ホルモンの分泌を阻害します。

特にスマートフォンからの光は距離も近く、画面が小さいため目を酷使してしまいます。知らない間に長時間見続けていることも多いはずです。寝る前には照明をやや暗くしてできる限りリラックスできる環境を整えましょう。

布団やベッドのシーツ、枕も清潔に保つとより心地よく寝ることができます。特に枕カバーは何枚か用意して2、3日に1回は取り替えて常に清潔にしていることが髪の毛に栄生に役立ちます。

 

適度な運動も血行を良くし、健康促進に効果があります。あまり激しいスポーツはかえって体の関節や筋肉を痛める危険があります。軽いジョギングやウォーキング、スイミング程度の運動が健康目的には最も適しているでしょう。

毎日行う必要もありませんし、体を休ませる期間がないとかえって疲れてしまいます。週末に軽く運動するか、2、3日間隔を空けてスポーツジムに通う程度が一番良いように思います。

 

ストレスを溜めないこともホルモンバランスや神経系統の正常化には大切です。しかし、現代社会ではストレスを溜めないことがなかなか難しいかと思います。特に大切なのは我慢しすぎない、無理をしないことです。仕事が忙しかったり、人間関係の悩み、様々なストレスにさらされていますよね。

これらのことを抱え込みすぎず、誰かに相談したり、あるいはリフレッシュする期間も必要です。

上記に挙げた運動をしたり、睡眠をしっかりとることもストレスを軽減する効果があるようです。ストレスは髪の毛だけに限らず体の不調全体に影響してしまいます。ストレス対策をせずに無理してしまえばいつか体を壊してしまいます。このサイトでもストレスを中心としたテーマの記事を書き上げたいと思います。

プロに聞いた!抜け毛をふせぐための頭皮のケア方法

 

まとめ

はげる前触れがあってから最低でも半年は改善する努力が必要です。頭髪は抜ける髪の毛と生える髪の毛が長期的なサイクルによって入れ替わっています、

ヘアケアによって頭皮改善を行ってから短くても半年ほどは続ける努力をしましょう。正しい処置と生活習慣の改善を行えば必ず抜け毛は防止できます。

焦らずにコツコツとできることから始めてみましょう。本サイトもより良い情報を皆様にお届けできるように日々努力していきますのでよろしくお願い致します。

 

 - 抜け毛の予防 , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無添加育毛剤イクオス

  関連記事

no image
お湯だけで頭を洗う「お湯シャンプー」:はげやふけに対する効果を調べてみました

貴方は「お湯シャンプー」というヘアケア方法をご存知でしょうか? その名の通りお湯 …

BUBKA(ブブカ)スカルプケアシャンプーのレビュー

育毛剤で有名なBUBKAから頭皮ケアのためのシャンプーが発売されました。 BUB …

no image
食事で育毛をするためには:髪の毛にいい食べ物と食べ方について

育毛と食事には深い関係があります。質の高い食べものによって髪の毛を育てることもで …

no image
抜け毛の8つの原因と対策:生活習慣を見直して薄毛予防をしよう

抜け毛は一度気になりだすと一人で悩んでしまいがちですよね。 なかなか人には言い出 …

プロに聞いた!抜け毛をふせぐための頭皮のケア方法

「ちょっと頭が薄くなってきてるんだけど、抜け毛をふせぐにはどうしたらいいの?」 …

睡眠不足が抜け毛・薄毛を進行させる:良質な睡眠ではげを回復させる方法

最近寝不足で抜け毛が多くなってきた、、、なかなか寝付けなくて身体が疲れてるし、髪 …

年齢別若ハゲの6つの原因と対策方法

若ハゲってどれくらいの年齢からなるんだろう、、、 まだ若いのに頭の地肌が透けて見 …