抜け毛・薄毛119番:はげ対策本部

抜け毛や薄毛にお悩みの方へ送る、はげ対策情報をお届けします。

男性ホルモンを抑制することによってはげや薄毛を防ぐ方法とは

      2016/08/08

男性ホルモンを抑制することによってはげや薄毛を防ぐ方法とは

男性ホルモンは男性型脱毛症の主な原因とされています。ホルモンは身体を作るために必要な物質ですが、同時に悪影響を及ぼすこともあるようです。

そして、男性がはげる原因のほとんどが男性型脱毛症だと言われています。男性型脱毛症とは思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

つまり、男性ホルモンを抑制することは男性型脱毛症を防ぐために必要なことだと言えます。では、男性ホルモンを抑制するためにはどのような方法があるのでしょうか?

スポンサードリンク

男性ホルモンを抑制することによってはげや薄毛を防ぐ方法とは

1、そもそも男性ホルモンとは何か?

男性ホルモンは体内の決まった器官で分泌され、体液(血液など)を通して体内を循環し、特定の細胞で効果を発揮する生理活性物質です。特に筋肉を発達させる、体毛を濃くする効果があります。男性的な身体の特徴を形成すしますが、女性も男性ホルモンは分泌されます。

また、男性にも女性ホルモンは分泌されています。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスにより、それぞれ男女の特徴的な身体に発達しています。

男性ホルモンは副腎や睾丸で作られることが多いです。男性ホルモンはテストステロンという物質が大部分を占め、他にはアンドロステネジオン、デヒドロエビアンドロステロンなどの物質で構成されています。

テストステロンは男性的な身体を作り上げる効果があります。例えば、体毛を濃くさせる、たんぱく質から筋肉を作る、性欲を向上させたりします。

男性ホルモンは男性らしい身体つきになるだけでなく、デメリットもあります。皮脂腺から出る脂が過剰になってにきびができたり、男性ホルモンの影響により抜け毛が進行してしまうこともあるようです。

 

2、男性ホルモンがはげや薄毛を進行させる仕組み

では、どういったメカニズムで男性ホルモンがはげや薄毛を進行させるのか見てみましょう。

男性ホルモンがはげや薄毛を進行させると言っても、テストステロンそのものが直接はげを進行させるわけではありません。もしテストステロンがはげを進行させるのであれば、ほぼ全員の男性ははげになっていることでしょう。

しかし、実際にははげや薄毛の進行具合は非常に個人差があります。なぜここまで個人差が出るのかというと、テストステロンがある悪玉男性ホルモンに変化することで男性型脱毛症を引き起こすと言われています。

その悪玉男性ホルモンというのは5αジヒドロテストステロン(以下5αDHTと表記)です。5αDHTはテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼが結びついて形成させます。5αリダクターゼは主に頭皮の中で分泌されています。

この5αリダクターゼと分泌されたテストステロンが頭皮内で反応することによって5αDHTへと変化するのです。悪玉男性ホルモンになった5αDHTは発毛や育毛を阻害する作用があることが最近の研究により分かってきています。

つまり、男性型脱毛症を治すためには還元酵素5αリダクターゼを抑制する。もしくは男性ホルモン自体を抑制する必要があります。男性型脱毛症が進行する場合は男性ホルモンを適正な値に抑制することがポイントになります。

 

3、男性ホルモンを抑制するための方法

主な対策としては女性ホルモンの注射や医薬品による治療、生活習慣の改善、食生活による栄養補給などが挙げられます。さらに育毛剤を使用することによって髪の毛の質も向上させるとより効果的にはげ対策ができるかと思います。

男性ホルモンは基本的に遺伝によって分泌量は決められています。しかし、強いストレスが慢性的にかかることによってホルモンバランスが崩れることがあります。これによって男性ホルモンが過剰に分泌される原因にもなります。男性型脱毛症の進行だけでなく、体調不良、精神疾患など様々な問題を引き起こしかねません。

 

4、規則正しい生活をしてホルモンのバランスを正常にする

男性ホルモンの異常分泌を防ぐにはストレスをコントロールする必要があるようです。定期的に軽い運動や趣味を楽しむようにして心身共にリフレッシュするように心がけてください。

規則正しい生活も体調にリズムができるのでストレスがかかりにくくなります。夜更かしなどはあまりせずできるだけ早寝早起きを心がけましょう。

食事も無理なダイエットやコンビニ食、外食ばかりにならないように注意してください。栄養バランスのとれた食事は体調を整えるだけでなく、髪の毛に必要な栄養を供給したり、精神的にも安定した状態を作るための基礎になります。

ホルモンの分泌は脳の視床下部というところから命令されます。この部分は自律神経をコントロールしています。強いストレスがかかると自律神経も乱れてしまいます。自律神経を安定させるには十分な睡眠をとることが効果的です。

そのためにも寝る前にはすこし長めにお風呂に浸かったり、部屋の灯りを暗めにしましょう。寝る前にパソコンやスマホを長時間触ると睡眠にも障害がありますのでほどほどにしておくことが大切です。

過剰な男性ホルモンを抑制するためには日常生活の改善が始めの一歩になります。健康や日々の生活のためにも生活習慣を改善することが望ましいです。男性型脱毛症の急激な改善にはなりませんが、コツコツと取り組むことによる育毛効果は大きな差を生むと思います。

僕自身も3年ほど前から生活習慣の改善を行っていますが明らかに抜け毛が減って、はげの改善になったと実感しています。髪の毛自体にもツヤと張りが出てきているので全体的なボリュームアップにも繋がります。

何より規則正しい生活は精神的にも前向きになれるので、積極的に薄毛治療に取り組むことができると思います。

5αリダクターゼを抑制する効果を狙って育毛剤や発毛剤が開発されているものもあります。医薬成分や天然由来の抽出エキスなど様々な種類があるようです。

 

5、医薬品による男性ホルモンの抑制

5αリダクターゼを抑制する発毛剤として特に有名なものはプロペシアです。こちらはアメリカのメルク社が発売している発毛剤で世界的に使用されています。

プロペシアに含まれる主成分である「フィナステリド」が5αリダクターゼの発生を抑える効果が確認されています。

今はジェネリック医薬品(おおざっぱに言うと廉価版の価格が安い医薬品)としてフィンペシアやエフペシアという成分は同じで価格の安い商品もあります。

【まだ間に合います】私がハゲから脱出した薄毛治療法を一挙紹介!

 

6、食品による男性ホルモン抑制法

男性ホルモンを抑制できる食材として大豆製品が有名です。

大豆製品にはイソフラボンと良質なタンパク質が含まれています。タンパク質は髪の毛を作るのに必要な栄養素です。イソフラボンとタンパク質を一緒に摂取できるので特におすすめです。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造が似ています。女性ホルモンであるエストロゲンは男性ホルモンの分泌を抑制するように働きます。そのため、分子構造が似ているイソフラボンも男性ホルモンを抑制する働きがあると考えられています。

また、大豆製品は食品の中でも比較的安いことから経済的にも続けやすいです。大豆製品は豆腐、納豆、味噌、豆乳など様々な食品に加工されているため飽きにくいことから続けやすいかと思います。

亜鉛も5αリダクターゼの働きを抑制するとされています。亜鉛を多く含む食材はうなぎ、牡蠣、ほうれん草などが挙げられます。

必死になって大量に食べ過ぎると栄養バランスが崩れてしまいますし、飽きて続けられなくては元も子もありません。男性ホルモンを抑制する効果のある食材はたまに食べてみようくらいの長い気持ちで取り組むといいかと思います。

 

7、サプリメントによる男性ホルモン抑制法

サプリメントでも男性ホルモンを抑制し、薄毛対策ができます。おすすめのサプリメントはノコギリヤシの抽出エキスです。ノコギリヤシとは北アメリカの南東部に生育しているヤシ科の一種です。葉の形状がノコギリのようにギザギザになっていることからこの名が付けられているようです。

ノコギリヤシは古くからインディアンに愛用され、滋養強壮の効果があるとされていました。また、男性ホルモンを抑制することから育毛剤のサプリメントや前立腺の治療にも使われています。

主成分のオクダコサノールが5αリダクターゼを抑制することからも育毛剤として注目を浴びています。サプリメントのよいところは副作用が少ないところです。医薬品は得られる効果も大きいのですが、その反面で用法容量を正しく守ることと副作用があることを考慮しなければなりません。

サプリメントの摂取は気軽きることから試してみる価値があります。もちろん摂り過ぎれば身体に悪影響が出る可能性もありますから用法容量は正しく使ってください。

 

まとめ

男性ホルモンは身体を作るためには必須の生体物質です。しかし、現代社会の厳しいストレスや生活習慣の乱れがホルモンバランスを崩してしまいます。そうなると過剰に男性ホルモンを分泌させ、男性型脱毛症を引き起こす要因にもなります。

また、遺伝的に男性ホルモンの分泌量は決まっているとはいえ、医薬品や生活習慣の改善によって抜け毛を予防することもできます。遺伝だからと諦めてしまうのではなく、できることからコツコツと抜け毛対策をしていくことが大事だと思います。

はげ治療には根気と長い努力が必要です。諦めずに気長に頑張っていきましょう。

 - 薄毛の原因 , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無添加育毛剤イクオス

  関連記事

no image
抜け毛の8つの原因と対策:生活習慣を見直して薄毛予防をしよう

抜け毛は一度気になりだすと一人で悩んでしまいがちですよね。 なかなか人には言い出 …

脂漏性皮膚炎による抜け毛を完治させる治療法:症状と原因をしっかり調べる

最近になっていきなりフケが増えた、、、頭皮が赤くなってかゆくてたまらない! この …

平均的なおでこの広さはどれぐらい?自分がはげかどうかを知るために

自分のおでこって他の人と比べて広いんだろうか、、、 ふと鏡を見た時に自分のおでこ …

おでこが広いのか額から禿げているのか:生え際の後退をチェックする方法

最近生え際が気になってきた、、、 なんだか他の人よりもおでこが広い気がする。。。 …

女性の薄毛や抜け毛の原因と対策

抜け毛は男性だけの悩みではありません。女性の方も薄毛や抜け毛にお悩みの方は多いで …

no image
はげとAGAの定義:自分が薄毛、脱毛が進行しているのか知るために

はげの定義とは何でしょうか? どこからがハゲでどこからがハゲじゃないのか? その …

つむじのはげ・薄毛が気になる方へ:原因と対策、改善法

脱毛症の多くの方がつむじのはげ・薄毛に悩んでいます。男性の場合、つむじからはげや …

頭頂部からの薄毛を改善する方法:はげの原因と対策

最近頭頂部が薄くなってきてる気がする、、、 頭の薄毛が目立ってきてるんだけとどう …

no image
なぜはげるのか?:抜け毛・薄毛の5つの原因

髪の毛は抜けてもまた生えてくるのが正常な頭髪です。 そして、そのサイクルは大体3 …

はげに関する誤解と迷信:これってうそ・本当!?

今回ははげに関する迷信、ウソ・ホントな情報を集めてみました。 意外と誤解していた …